葬儀の基礎知識

参列者側

宗教によってこんなにも違う!宗教別の葬儀作法の違いについて

宗派によって、唱言や焼香の回数など様々な作法が異なります。今回、宗派別の作法をご紹介しておりますので、喪主の方は勿論、参列される方も是非ご参考にしてください。 「焼香の回数は何回が正しいの?」とよく聞かれることがありますが、実は、宗教・宗派によって作法が異なります。 今回、宗派別に作法をまとめておりますので、ご参考にして頂ければと思います。 ■唱言 ・真言宗:南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう) ・天台宗:南無阿弥陀佛(なむあみだぶつ) ・臨済宗:南無釈迦無尼佛(なむしゃかむにぶつ) ・曹洞宗:南無釈迦無尼佛(なむしゃかむにぶつ) ・黄檗宗:南無釈迦無尼佛(なむしゃかむにぶつ) ・浄土宗:南無阿弥陀佛(なむあみだぶつ) ・浄土真宗(西本願寺):南無阿弥陀佛(なむあみだぶつ) ・浄土真宗(東本願寺):南無阿弥陀佛 (なむあみだぶつ) ・日蓮宗:南無妙法蓮華経 (なむみょうほうれんげきょう) ・日蓮正宗:南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう) ・友人葬(学会): 南無妙法蓮華経 (なむみょうほうれんげきょう) ・神社神道 :- ・天理教 :- ・金光教 :- ・キリスト教(カトリック):- ・キリスト教(プロテスタント):- ■焼香の作法 ・真言宗:香をいただき3回 ・天台宗:香をいただき1~3回 ・臨済宗:香をいただき3回 ・曹洞宗:いただいて1回、いただかず1回 計2回 ・黄檗宗:香をいただき3回 ・浄土宗:香をいただき3回 ・浄土真宗(西本願寺):1回 ・浄土真宗(東本願寺):2回 ・日蓮宗 :香をいただき3回 ・日蓮正宗 :香をいただき3回 ・友人葬(学会):香をいただき3回 ・神社神道:玉串を捧げる ・天理教:玉串を捧げる ・金光教:玉串を捧げる ・キリスト教(カトリック):献花する ・キリスト教(プロテスタント):献花する ※香をいただくとは? 右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香を少量つまみ、手を返して額の高さまでかかげることを言います。 焼香の回数は、会葬者の人数によって、お寺様から回数変更の指示がある場合もございます。 他にも、宗派によって御礼料の表書きの書き方なども変わります。 ■最後に:お寺様・各派・地域によっては異なる場合があります 今回ご紹介した内容は、あくまで基本のものとなります。 詳しくは自身の宗派元にて、ご確認いただくことをおすすめ致します。

お仏壇・位牌について

【無宗派の仏壇】基礎知識・飾り方・注意点について解説

日本には数多くの宗教があります。その中で、無宗派(むしゅうは)の仏壇はどのようなものを用意すれば良いのか、また無宗派の仏壇の飾り方や注意点などを紹介します。     目次 無宗派の仏壇の基礎知識無宗派のご本尊について無宗派の日常礼拝の仕方無宗派の仏壇の飾り方無宗派で仏壇を持たない場合ミニ仏壇について海洋散骨や樹木葬について納骨位牌について無宗派のお供え物とは無宗派の注意点まとめ 無宗派の仏壇の基礎知識 無宗派とは、宗派に属さないことを指します。このスタイルは、最近のご家庭で増えてきています。   「いざという時役に立つ」贈儀計画コラムの続きはこちらから

お仏壇・位牌について

仏壇の置き場所と注意点!

仏壇の置き場所については、それほど厳密な決まりごとはありません。避けるべきとされている幾つかの場所を避けつつ、毎日のお祈りをしやすい場所に置くと良いでしょう。 目次 仏壇の置き場所で避けるべき場所鬼門・裏鬼門2階建ての家の場合神棚と同じ部屋に置く場合仏壇が傷みやすい場所は避ける和室に置く場合洋間に置く場合寝室に置く場合まとめ避けるべき場所和室に置く場合洋間に置く場合寝室に置く場合 仏壇の置き場所で避けるべき場所 家相を考える上で、東北は鬼門と呼ばれ、鬼が出入りする不吉な方向だとされています。仏壇の置き場所としても鬼門は避けるべきとする習慣があります。 ただし現代では住宅の構造上、鬼門に仏壇を置かざるを得ないケースも少なくありませんので、現在はそれほど重要視されてはいません。 (さらに…)